田んぼの雑草取りと工房での製材

田んぼの雑草取りと工房での製材

田んぼオーナーデイの今日は、ズブズブと田んぼに入り雑草を取ります。田植えから2ヶ月経ち、稲も伸びましたが、雑草もグングンのびています。  

 

私はヒル怖さに長靴を履いて田んぼに入りました。一応田んぼ作業もできるというふれこみの長靴なんですが、足を取られることと言ったらもう大変。泥にはまった長靴を引き抜く度に、バランスを失ってこけそうになる(>_<) オーナーさん達、特に子供は裸足にヒル避け用のひざ丈ストッキングを履いて活動していましたね。田んぼは裸足が一番のようです。

おやつに、手作りフルーツもりもり白玉あんみつをいただいて、オーナーさん達は解散。その後、里山メンバーは、製材作業のため、宮ヶ瀬湖方面にある角田工房に車で向かいました。

 

工房での製材作業を初めてごいっしょさせていただきました。というか、見学しただけですが。丸太を運んで製材機にかけるのは、力と協力が必要な真剣勝負の場でした。作業の熱量もすごくて、皆さん暑いです。

 

帰り道すがら、宮ヶ瀬湖畔の観光スポットを車で案内していただきながら、道の駅で津久井産大豆を買いました。畑にまくそうです。ん?大豆の種って大豆だったの???あはは、初めて知ったかも。(なっし)