2021/01/20
お待たせしました。さて1週間前に漬けたこぶ高菜の漬物がどのようになっているか。恐る恐るのぞいてみると・・・
2021/01/12
1月に入ると伊勢原の里山もぐっと気温が下がり、足元から冷ます。自然相手の作業は、お日様のご機嫌を伺いながら時間との勝負です。 大豆の収穫が終わった畑に、こぶ高菜が収穫のラストチャンスを待っていました。お正月休みに飽きてきた?3日、なまった体にはちょっとハードな作業です。
2020/12/20
伊勢原の里山も大仕事の稲刈りを終えて、すっかりのんびりモードかなと思いきや、やっておかないといけないことは次から次にあるようです。 さて刈取ったお米は玄米のまま保存。食べるときに精米してお米を炊くのが、いつまでも美味しくいただけるそうです。すっかり新米の美味しさのとりこになっちゃいました。やっぱり白米はうまい!...
2020/11/24
日向川から谷戸田キッチンに吹く風も冷たくなりました。すっかり秋です。 19歳のうちの娘が、かまどごはん作りに参加しました。 三つあるかまどの火起こしをやってもらったら、以外とあっさり出来てしまって。彼女いわく、幼少時の世田谷羽根木のプレーパークでの焚き火遊びのおかげだとか。 焚き火の英才教育って、ありかも。
2020/11/19
NPO法人 伊勢原森林里山研究会のメンバーはただ者ではない、みなさんでいっぱいです。...
2020/10/26
稲刈り、ヒガンバナも終わり谷戸田の田んぼも静かな頃、収穫祭に向けての食材の準備が始まりました。...
2020/10/11
脱穀の日です。機械で大量に脱穀を進めるのに平行して、大正~昭和初期頃の脱穀と思われる作業の体験をしました。 まず登場したのは足踏み脱穀機。ペダルを踏むとドラムが回り、その回っているドラムに稲の先をくっつけると、パチパチ音をたてて籾が外れて下に落ちます。...
2020/10/10
初めての手作業による稲刈り、意外に楽しかった。\^O^/ ...
2020/10/01
2週間ぶりの谷戸田に来てびっくり!ここは別世界 はおおげさかな。
2020/09/30
里山の活動でいいことを挙げてみます。 ・自然に触れられる、四季を感じる ・多種多様な人と交流ができる ・農作物を育てる、収穫の楽しみ ・作業の後のごはんと一杯がおいしい これ以外にも他にたくさんあるかと思います。 私的にはもう1つ付け加えると体を動かすことがあります。 里山での農作業は体幹に効く結構なエクササイズです。...

さらに表示する