朝霧高原へ遠征

 

富士山の麓の朝霧高原へ出かけてテント泊、翌日は杉の木の伐採と林内に散在している伐採木を集材しました。理事長の知り合いのグループが、今は使われなくなったキャンプ場の再生を始めましたが不慣れな伐採作業を手伝ってほしいと声がかかり、今回の遠征になりました。前夜は焚火を囲んでの交流会、翌早朝から作業にかかりました。林内はかなり密生しており、かかり木を避けるためにクサビを用いて方向を正確に定める方法で伐倒しました。(2020/9/19-20)

 

 倒す方向に向けて受け口を作ります。

 

 反対側から追い口を切り込みます。

 

 クサビを打ち込み倒す方向を定めます。

 

さらにクサビを打ち込み倒す方向を微調整します。

 

 クサビを打ち込むと木は徐々に傾きます。

 

 木はゆっくりと定めた方向に倒れます。