ひらたけ栽培 2021

それは、木の伐採から

2020年12月、子易地区の桜の木を3本伐採しました。その材の一部はひらたけの植菌に使います。

枝葉をつけたまま1~2ヶ月そのまま置いておき、水分を抜きます。

2月 植菌

伐採した桜の木から、きのこ栽培に適した部分を切り出します。切り出した母材は軽トラ2杯分。

それを20㎝の玉切りにします。切る材は大量で、怒濤のチェーンソー作業(;_;)となりました。

この時出るおがくずは、植菌に使います。

ひらたけの菌・たった今出たおがくず・米ぬか・水をよく混ぜます。

それを、玉切りした木口にペタペタと塗りつけ、切断面が一緒の木口でサンドイッチします。

これが植菌で、菌を木口に密着させる作業です。

仮伏せ

植菌し終えた木は、直接日光が当たらない場所に積んで、稲わらで覆います。

稲わらが飛ばないようにシートで覆いロープをかけると、一体これはなんじゃって感じですが、仮伏せ完了で、きのこ作業の長い1日が無事終わりました。

散水もしながら、この状態で梅雨時まで置いておきます。